内地へ帰る頻度

何と対抗するわけでもないですが、意外と大事な情報なのかなと思ったので記事にしてみます。

島しょの中でも大島は高速船なら竹芝から1時間45分と、下手に埼玉に住むよりも都心が近いという意見もあるでしょうし。

ただ現実はそんなことありませんけどね。
 

これは単身か家族世帯かで大きく分かれる話になるので、まず単身のほうから。

単身の人を見ていると、月に1回くらいは内地へ行っている印象があります。

出張で行くことがあれば打ち切りにして週末を内地で過ごすという人もいますし、自腹で友人と飲みに行くとか、彼女に会いに行くとか、理由は様々だと思いますけど。

ただこれは単身者だからできることだと思います。

費用面について考えてみますが、単身なら船代は往復で1万円もあれば十分です。

福利厚生として片道1,000円割引券が24枚(12往復分)ある計算なので、実際には1回8,000円といったところでしょう。

宿泊費は島しょ会館というホテルだと島民は1泊6,000円程度で宿泊できるのですが、週末は大体満室なので・・・。

安いビジネスホテルだと1泊8,000円くらいはかかりますよね。

となると2泊したら船代よりも宿泊費のほうが負担が大きいってことになります。

なので月1程度の頻度で帰る人は大体都内に実家(もしくはタダで泊まれるところ)がある人です。

上京してきてホテルに泊まるような人は、私用で内地へ行くの1〜2か月に1回といったところのようです。

2泊3日で内地へきたら、船と宿泊で25,000円は最低でも必要になりますからね。


さらに単身だと食事はほぼ外食でしょうから、朝・昼で1,500円、夜は飲みに行って3,500円でも1日5,000円。

2泊3日だと実質12,000〜13,000円くらいでしょうか。

なので1回の離島で4万円くらいは必要かもしれませんね。

もし月1回(年12回)も帰っていたら、年間に50万円以上は離島して使っているってことでしょう。


次に家族での話ですが、家族の中でも「配偶者の仕事が融通が利くこと+子供が保育園以下」と「それ以外」とで分かれます。

うちは赴任当初「配偶者の仕事が融通が利くこと+子供が保育園以下」でした。

この場合だと、要するに私の仕事の都合さえどうにかなれば、家族で内地へ行けますよね。

そうすると、ちょっとした買い物とかちょっと遊びにとかで、最初のころは2か月に1回は内地へ行っていたように思います。

やはり子供が小さい内は服や靴がすぐにサイズアウトしてしまうので、どうしても頻繁に買い物したくなっちゃうんですよね・・・。

さらに子供の誕生日やらクリスマスやらでも実家へ行ってお祝いしてもらったりなどなど、ほんと最初のうちはよく内地へ行きました。


で、費用の話ですが。

まず船代が大人2名分で往復20,000円。

2か月に1回なら、1,000円の割引券24枚でちょうど足りるので、1回16,000円ですね。
(片道大人2枚×往復=4枚×2か月に1回なら年6回=24枚)

幸いなことに実家は竹芝から2時間で行ける距離にあるので、電車賃はそこそこかかりますが宿泊費はかかりません。

とは言え大人二人分の電車賃が往復で4,000円ほどかかりました。

なので移動に最低20,000円がかかる計算です。


もし実家がない場合、1泊で15,000円くらいはかかるでしょう。2泊したら30,000円です。

ただ島から出てきて2泊3日滞在するだけで50,000円近く消えるんですよ?

今考えると2か月に1回もよく行ってたなと思います・・・。

それ以外に食費などはもちろんですが、見落としがちな費用として送料があります。

単身なら、自分の荷物くらい自分で持つでしょうし、買い物したって量が少ないですよね。

家族だと、2泊3日以上の滞在になると、もう荷物を持って出るのが大変です。

なので事前に実家へ服などは送っておきます。

子供が小さいほど着替えの枚数やオムツ、お尻ふきなどが必要になるため、自然とこうなるわけです。

島からゆうパックで送ったとして大き目1箱で1,500円ほどですが、この送料は帰りも当然かかります。
さらに服や靴など買い物した分も送るので、結構すぐに帰りは3箱くらいになります。

結果として往復の送料が5,000〜6,000円ほどかかることになります。

子供が小さい内は島での生活が楽なんですが、費用の負担は内地とは比べものになりません。

日常生活が快適と思えても、費用面はよく考えておく必要があると思います。


最後に「配偶者の仕事が融通が利くこと+子供が保育園以下以外」についてです。

こちらはもう年に何度も内地へなんていけません。

大きな理由として子供が小学校に入った時点で、授業の影響を受けるためホイホイ休ませるわけにはいかないのです。

するとGW、夏休み、シルバーウィーク、年末年始、春休みくらいが内地へ行くタイミングになります。

ただこれも小学生以上の子供がいると、費用が大変なことになるので全てのタイミングで帰るなんてありえません。

最近だとうちは年に3回くらいしか内地へ行きませんね。

現在うちは大人2人、小学生2人(船も電車も半額)なので、費用的には大人3人分です。

ですが、1,000円割引券は頭数で使えるので、片道4枚×往復=8枚×年3回=24枚消費します。

そうすると3回目までは往復の船代は22,000円くらいになります。

割引券がない4回目になると往復の船代は30,000円くらいになります。

実家があれば宿泊費がかからないのは上述した通りですが、ホテルに泊まると1泊25,000円くらいでしょうか。

そうなると2泊3日の滞在で、船22,000〜30,000+2泊50,000=72,000〜80,000円かかる計算です。

それ以外で、さらに送料、目的を済ませる費用、食費などを考慮したら、1回の離島で12万〜15万とかが消えていくんですよ・・・。

なのでうちは家族で離島するのは年3回くらいまでにしています。

さらに実家に泊まっているので、船と電車賃で30,000円、送料往復8,000円、ここに買い物や食事や用事までいれて10万あればお釣りがきますかね。

やはり服や靴など、ネットでは買いにくいものってありますからね・・・。


でもこのたった3回しか行かなくても、移動や送料だけで年間15万円近く消えていきます。

これは内地に住んでいたらかからない費用なので、15万円あったら家族でも小旅行できますよね。

長々と書きましたが、どこかに書いてあるように「月に1、2回は内地へ帰っています」なんてことができるのは本当にごく一部であって、ほとんどの人はそんなことしていません、というお話でした。
 


関連する記事
コメント
コメントする








   

サイト内検索

最近の記事

ジャンル別

過去ログ

最近のコメント

  • 【移転済】今日からブログをはじめます
    管理人
  • 【移転済】今日からブログをはじめます
    たか
  • 【移行済】島しょ地域への異動
    管理人
  • 【移行済】島しょ地域への異動
    花子

links