大島へ異動したら買うべきもの(御神火温泉の年パス)

この記事は元町周辺の住宅に住むことになる人以外にはあまり意味がない話になると思います。

元町には「御神火温泉(ごじんかおんせん)」という町営の温泉施設があります。

http://www.izu-oshima.or.jp/work/look/gojinkaonsen.html
※大島町のサイトです。

こんなこと書くと地元の人には怒られそうですが、大人700円はちょっと高いと思います。

2017年まで島民なら500円だったんですけどね。


ざっくり紹介しておきますと、温泉、サウナ、打たせ湯、ジャグジー、レストランがあります。

営業開始時間は、前日の大型船が出航した場合は6:30〜(夏は5:30〜)。

終わりの時間は常に21:00固定です。


これだけ書くと何がいいのかって話になってしまうのですが、ここまではあくまでも観光客向けの話です。

異動してくるということは、少なくとも年単位で大島に住むわけです。

先に大島のガス事情を説明しておきますが、大島はいわゆる都市ガスではありません。

すべての家庭がプロパンガスでガスを使うことになります。

大人2人、子供2人の家庭で、毎日湯船にお湯を溜めてお風呂に入り、嫁は比較的ちゃんと自宅で料理をする家庭の場合、1か月のガス代は大体15,000円くらいが相場だとガス屋さんが言っていました。


しかし我が家のガス代は年間平均6,000円程度です。

一般家庭より年間で10万近く安い計算ですよね。



なぜこんなに安いのかという理由が御神火温泉の年パスにあります

こちらも2017年までは大人22,000円程度、子供10,000円程度だったんですけど・・・。

今は大人30,000円、子供13,000円に値上がりしてしまいました。




ただ、それでもまだ十分に元が取れてしまうんですよね。

うちの場合で大人2人+子供2人=86,000円にもなるのですが、すでにガス代だけで1万円以上浮いています。

さらにいうと、自宅のお風呂をそれほど使わないため、水道代も安いはずです。



水道代は2か月分まとめて請求が来るのですが、我が家はほぼ基本料金しか使っていません。

証拠として5月請求分と9月請求分が全く同じ額ですよね。

これは基本料金2カ月分のみだからです。

逆に言えば、1月請求分は+2,000円くらい水道を使っている計算になります。

これは11月使用分と12月使用分なので、仮に均等割りして12月に1,000円多く使っていたとしましょう。

だいぶざっくりした計算で申し訳ないのですが、

水道代1,000円増えたことに対してガス代は平均6,000円より4,000円も増えています。

ここから超適当な割合計算をすると、ガス4,000円に対して水道1,000円がかかると読み取れます。

うちはガス代が一般家庭より月9,000円安いので、水道代は月2,250円安いとなります。

つまり水道代は年間で27,000円ほど安くなっている、はずです。

ガス代が9,000円×12か月=98,000円、水道代が2,250×12か月=27,000円

年パスを買うことで年間で125,000円も安い計算(年パス代差し引いて約4万お得)

なので異動してきたら年パスを買うことをオススメします。


参考までに、温泉だけでなくプールも使い放題ですし、子供にスイミングを習わせる場合、年パス持ちだと月謝が1,000円ほど安くなります。

うちでは子供二人ともスイミングに通っているので、そこでも年パスがあることで24,000円ほど浮いている計算ですね。


最後にもう少し背中を押す情報として、自宅のお風呂をあまり使わないため、お風呂(排水溝など含む)の掃除回数が激減します。

流れが悪くなってくればもちろん掃除するのですが、3か月に1回もやらないですね。


また、大島は湿度がすごいだけでなく、風もすごいです。

さらに海が近いとどうなるかというと、本当に塩が粒になって飛んでくるということが起きます。

波が高く、その海水が風で巻き上げられ、空中で水分が蒸発、そのまま風にのって飛んでくるわけです。

これが本当に馬鹿にできない話で、私が住んでいる住宅は海抜にして50mを超えているのですが、それでも飛んでくるんですよ。

そうなるともう服とか外に干してると乾いてるのかわからないくらいしっとりしちゃうんですよね。

そこで生きるのがお風呂場です。

普段から使わない(乾いている)お風呂場があれば、そこに洗濯物を干すことができます。

除湿機はほぼ必須購入の家電なので、洗面所に除湿機を置いておけば乾きも早いですよね。

御神火温泉の年パス購入のメリットは経済面だけではないということがお分かりいただけるでしょうか。

ということで、大島へ異動してきたら真っ先に買うべきは御神火温泉の年パスです、というお話でした。

日割り計算してくれませんので、決断が遅ければ遅いほど損をする仕組みだということも添えておきますね。
 


コメント
コメントする








   

サイト内検索

最近の記事

ジャンル別

過去ログ

最近のコメント

  • 【移転済】今日からブログをはじめます
    管理人
  • 【移転済】今日からブログをはじめます
    たか
  • 【移行済】島しょ地域への異動
    管理人
  • 【移行済】島しょ地域への異動
    花子

links